このエントリーをはてなブックマークに追加

2月

1

IoTコンサルタントが体系的に教える「すべてがわかるIoT実践講座」

第4次産業革命に対応する即戦力を5日間で! 〜IoT導入実務者等を養成する実践講座〜

主催 : 株式会社サートプロ

募集内容

イベントの説明

たった5日間であなたも社内のIoTリーダーになれる! 「プロが教える IoTのすべてがわかる実践講座」

法人企業・団体向けIoT人材育成講座オープンクラスでスタート!

詳細はこちら>>> http://www.certpro.jp/lp/iot/

[日時] 2018年2月1日(木)  2018年2月14日(水)  2018年2月15日(木)  2018年2月28日(水)  2018年3月1日(木)  合計5日間コース

各日受付:9時10分〜 講座時間:9時30分〜17時30分(7時間)

7時間*5日=35時間

講座配分:座学約4割、演習約6割

詳細はこちら>>> http://www.certpro.jp/lp/iot/

ジャンル IoT・M2M・組込み

講座名称 すべてがわかるIoT実践講座

講座形式 講義/演習

講座概要 あらゆるモノがネットにつながるIoT社会で、 新しいサービスをつくるためにはIoT技術を構成する各要素について、 その本質と役割を理解しなければいけません。 それはソフト、ハード、ネットワークの垣根を超えた総合的なリテラシーを必要とします。 IoTがつくる新しい社会は「人」「モノ」「教育」を変えようとしています。 IoTの本質や機能、できること/できないことを総合的に学べる塾を用意しました。 またハンズオンで手を動かし、現物に触れながら魅力のあるIoTビジネス創造を 体験し行う場ですので、技術者以外の参加も歓迎です。

学習目標 ・IoTの本質や機能を総合的に学ぶ ・ハンズオンを通じて誰でも始めれることを学ぶ

使用教材 ・オリジナルテキスト 5日分 ・ハンズオン教材(Arduino, Raspberry Pi等)

学習項目
【1日目】 IoTコンサルタント・IoT設計 1. IoTコンサルティング/コーディネート IoT(Internet of Things)とは? IoTの構成要素 製造業のIoTビジネス推進の3段階 IoTの推進の注意点 IoTプロジェクトの進め方 ワークショップ①:IoT推進の課題検討

  1. IoT設計 標準化の重要性 産業用ネットワークの今後 生産指標の統一 IoTセキュリティ セキュリティ関連技術 ITとIoTの違い ワークショップ②:IoTセキュリティ問題の検討

IoTによる製造現場の課題解決 改善事例 IoT活用纏めシート ワークショップ③:課題を抱える生産現場のIoTによる改善

IoTとスマート工場 IoTによる一気通貫生産 スマート工場事例 デジタルツイン マスカスタマイゼーション 改善テンプレートの活用 ワークショップ④:IoTによる工場改善

【2日目】 IoT概論・IoTセンサー 3. IoTとは IoTの概要 IoTの技術

4.IoTの具体例 農業分野 エネルギー管理 自動車関連 産業関連 KOMTRAX インダストリアル・インターネット インダストリー 4.0 身の丈IoT その他 生活関連 ヘルスケア スマートホーム

  1. 組込みシステム 電子回路 電気回路の基礎 ダイオードとトランジスタ LED点灯回路 デジタル回路 組み込みシステムの構造 ワンボードマイコン 回路図 LED点灯プログラム AD変換とDA変換 シリアル通信

  2. Arduino演習 アルディーノの回路図 動作確認(単体でBlinkの周期変更) LED駆動回路(電流制限抵抗の計算) LEDを点灯(ブレッドボードで実装, デジタル出力) スイッチ入力でLEDを点灯(デジタル入力) アナログ入力を用い、CdsセルでLEDを点灯 アナログ出力で、暗いとLEDを明るく点灯 デジタル出力で、フルカラーLEDを点灯 アナログ出力で、フルカラーLEDの色調節

【3日目】 IoTネットワーク・IoTアーキテクチャ 7. センサとアクチュエータ 各種センサ 光センサ 動きセンサ 人感センサ 温度センサなど 画像・レーダなど 各種アクチュエータ ソレノイド DCモータ サーボモータ ステッピングモータ その他のモータ

  1. ネットワーク 通信とインターネットの基礎 ネットワークメディアとプロトコル 無線通信 短距離無線 PANとセンサーネットワーク 広域無線通信 衛星通信

  2. アーキテクチャ IoTフレームワークと標準 各種フレームワーク 標準化団体・コンソーシアム IoTプラットフォーム AWS Google Cloud Platform Microsoft Azure クラウド クラウドの技術 Googleのデータ基盤とHadoop

  3. アルディーノ演習 圧電スピーカーでのドレミ演奏 フォトトランジスタ照度計測 フォトリフレクタでの距離測定 シリアルデータ転送 超音波距離センサでの距離測定(パルス波形入力) 加速度センサ DCモータの制御(FET駆動回路) モータドライブIC

【4日目】 データ活用・データ分析 11. データ分析概論 データ分析の目的 データ活用サイクル データ分析のためのツール BIとAI 統計手法 機械学習 データ分析プロセス データ分析ツール

  1. Raspberry Piの基本 マイコンボードとシングルボードコンピュータ ArduinoとRaspberry Piの比較 Raspberry Piのハードウェア Raspberry Piのソフトウェア ハンズオン① Raspberry Piのセットアップ

  2. Pythonの基本 Pythonの特徴 Pythonプログラミング環境 Pythonプログラミングの基礎 ハンズオン② LEDを点滅するプログラム ハンズオン③ グラフ表示

  3. ドキュメント指向データベース MongoDBの概要 リレーショナルデータベースとの比較 ハンズオン④ MongoDBの基本操作

  4. メッセージ通信 MQTTの概要 ハンズオン環境(Mosquitto) ハンズオン⑤ センサーデータの読込と保存

  5. 統計手法を用いたデータ分析 数値予測の種類 ハンズオンの概要 ハンズオン⑥ 相関分析 ハンズオン⑦ 単回帰分析 ハンズオン⑧ 重回帰分析

【5日目】 人工知能・機械学習 17. 人工知能概論 人工知能(AI)とは 第3次AIブーム 産業での利用の加速 ビッグデータ・IoTとの関わり

  1. AIを取り巻く技術 ニューラルネットワーク 機械学習 深層学習 分散コンピューティング 機械学習プラットフォーム

  2. 機械学習を用いたデータ分析 機械学習の種類 機械学習の用途と手法 クラス分類 回帰 クラスタリング サポートベクターマシン(SVM) ハンズオン① 分類問題 線形回帰(Linear Model) ハンズオン② 回帰問題 クラスタリング(K-means) ハンズオン③ クラスタリング問題

  3. 実践的な機械学習の利用 画像による分類 ハンズオン④ 手書き数字画像の分類 センサーデータ分析による予測 ハンズオン④ 気温データと電力の消費量

その他:IoT検定制度の概要と試験対策・ポイント解説

※カリキュラムや教材は事前の予告なしに変更することがあります。

前提条件 なし

受講対象
○ IoTを活用した新規事業を考えている、作りたい方 ○ 自社のサービスや製品にIoTを取り入れたい方 ○ IoTで何ができるか具体的にイメージの出来ない方 ○ IoT領域に関連する仲間をつくりたい方

受講料金
オープンクラス:

今回の受講料は 5日間全日特別価格

199,800円(税込)です。 (デバイス・テキスト代込)

1日のみ1日 59,400円(税込) 2−3日2日間 118,800円(税込) 4−5日2日間 118,800円(税込) 合計297,000円→199,800円(税込) 1クラス16名まで(最少催行人数10名)

※企業や団体の方、個人の方の参加も歓迎です。

※最少催行人数に満たない場合、開催日程を変更する場合があります。

※1社研修のご依頼は事務局までお問合せください。

詳細はこちら>>> http://www.certpro.jp/lp/iot/

サートプロ代々木研修センター www.certpro.jp/company/map.html

お問合せ 教育研修事業部 株式会社サートプロ www.certpro.jp TEL:03-6276-1168 FAX:03-6276-1169

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

人材育成教育支援のサートプロ

人材育成教育支援のサートプロ さんが IoTコンサルタントが体系的に教える「すべてがわかるIoT実践講座」 を公開しました。

2018/01/05 01:13

IoTコンサルタントが体系的に教える「すべてがわかるIoT実践講座」 を公開しました!

終了

2018/02/01(木)

09:30
2018/03/01(木) 17:30

募集期間
2018/01/01(月) 01:11 〜
2018/01/30(火) 01:11

会場

株式会社サートプロ 代々木研修センター

東京都渋谷区代々木1-36-6 代々木駅前ビル7F